2015年2月11日(水) 朝から曇天。
阿蘇谷は朝から雨のため、同日予定の本塚(阿蘇市)野焼きは8時前に早くも中止・延期決定。
もしかしたら、南阿蘇も・・・、と思いきや、
やっぱり晴れ男はいたんですね~!♪
(エッ 誰のこと? もちろん参加者み~んなですよ♪)
そして、いよいよ春待ち遠しの活動が、ここ南阿蘇の下磧でスタート!!
しかも、8社の報道マンたちも阿蘇谷の取材を断念して、息を切らして駆けつけ、
文字通り”開幕戦”のフタが切って落とされた次第であります~よ。


区長さんや組合長さんのあいさつを神妙に聴き入る”野武士32士”ならぬ
野焼き支援ボランティア32名のみなさんが集結してくださいました。
県外から3名、遠くは延岡からと福岡からでした。
a0114743_185454.jpg

a0114743_18650100.jpg

----------------------------------------------------------------------------
早速、全体では70ha強の草原の内、本日は、その中腹あたりの約30数haの野焼き。
最初は、放牧地で枯れた草丈の残りが短いこと、積もった火山灰や前日の降雨の湿気も
残っていたようで、なかなか燃え広がりません。
火引きさんも火消棒を持つボランティアさんたちもみ~んなじっと忍耐!
a0114743_188956.jpg

*************************************************
それもそのはず!山を見上げると、な・な・なんと”あれは根雪だよ”と、
地元のお母さんが笑って指差してくれたのです。
さらに一段と風も冷たく、燃える火で暖を取りたくなるような”開幕の序盤戦”でした。
※ 上の写真で山の谷間の白い筋が見えますね!

やがて、草地を下っていくにつれて日当たりの良い、草丈ももう少し長く残っているエリアに行くと、
誰かが「鹿だ~、3頭走ったぞー」が、のろしの合図のように焼け始めました。
すると、私以上に待ち望んでいたかのように、取材の報道カメラマンたちが、
鹿を追わずに、ちゃ~んと野焼きの燃え上がる方へ駆け出しました。
a0114743_18121176.jpg

a0114743_18123478.jpg

a0114743_18125722.jpg


a0114743_18105152.jpg

  ♪走ってる、走ってる~www!♪

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
昼食タイムが近づきましたが、天候が不安定であるため
組合長さんから「あと1時間くらいで今日の予定作業は終了できるので、
このまま続行したい。協力をお願いします」に、
全員乗ってきていたので、みなさん元気よく次の作業場所に移動しました。
a0114743_18112914.jpg

----------------------------------------------------------------------
結果、枯れ草の状況はイマイチでしたが、概ね野焼きは無事終了。
全員で記念写真”パチリ”!
a0114743_18135259.jpg

とにかく、くっきり浮かび上がった牛道とゆるやかな草原景観も多く、
烏帽子(の裏側?)、南郷谷や南外輪も見渡せるとっ~ても景観の優れた地域です。

ここ下磧牧野組合では周年放牧を推進されているのですが、
現在は、火山灰の影響を避けて全頭畜舎に戻しているそうです。
降灰が早く沈静化し、再び放牧されたあか牛がたたずむ草原景観を
思い描きながら、取材リポートを終了します。
a0114743_18141915.jpg


最後にオマケ。
いつも真剣かつユニークな視点で追跡してくださるN記者さんが動画投稿されています。
ご覧くださいね。
http://www.asahi.com/articles/ASH2C4HL8H2CTLVB003.html
                                《おわり》
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by greenstock | 2015-02-12 18:15 | Comments(0)